禁止されていることを知ろう

見落としがちな結婚式のタブー

>

服装などに気をつけよう

白いドレスは避けよう

どんなドレスを着用して、結婚式に参加するか決めるのは楽しいですよね。
ですがどんなにかわいいドレスでも、白色は避けてください。
結婚式にでは、新婦より目立ってはいけません。
白いドレスで参加すると、ウェディングドレスと同じなので新婦より目立ってしまう可能性があります。
緑や青色などの色を選択すれば、問題はないでしょう。

暗い色を選択しても良いですが、黒色は避けた方が良いです。
葬式をイメージする人がいるので、失礼に当たるかもしれません。
黒いドレスも販売されていますが、できれば違う色を選択しいてください。
白と黒以外のドレスだったら、何色でも良いでしょう。
派手になりすぎないドレスを着用して、結婚式に出席してください。

場所を変えて色を確認する

クリーム色や黄色のドレスは、明かりが変わると白色に見えることがあります。
本当は異なる色でも、白色に見えたらアウトです。
それらの色のドレスを選択する際は、違う場所で白色に見えないかチェックしてください。
写真を撮った時に、白色に見えるドレスもタブーです。
薄い色のドレスは白く見えるかもしれないので、結婚式に行く前に調べましょう。

薄いピンク色のドレスも、白く見えることがあります。
トラブルを避けたい人は、薄すぎるドレスは選択しない方が良いでしょう。
色がハッキリしているドレスだったら、場所が変わっても白く見えることはありません。
綺麗なドレスを着用したい気持ちはわかりますが、あくまでも主役は新婦だと忘れないでください。


この記事をシェアする