禁止されていることを知ろう

見落としがちな結婚式のタブー

>

必要であれば上着を着よう

肌を出しすぎる場合の対応

あまり肌を露出しないように、必要であれば上着を着用してください。
特に肩や胸元の露出に気をつけましょう。
上着を羽織る際は、素材も確認しなければいけません。
毛皮は、結婚式にはふさわしくないと言われます。
ファーボレロも避けてください。
最近はふわふわしたファーボレロが流行っていますが、本来は結婚式のタブーです。

動物製品のものは、会場に持ちこまないでください。
ワニ皮のハンドバックや、ヒョウ柄の衣装なども避けましょう。
露出は控えなければいけませんが、夜の披露宴だった場合は例外です。
夜に披露宴を開催する際は、イブニングドレスを着用できます。
イブニングドレスは胸元や肩を露出しているものが多いので、隠さなくても大丈夫です。

スカート丈を確認しよう

ドレスは、膝が隠れる長さでなければいけません。
長く見えるスカート丈でも、自分の身長によっては膝が出てしまう可能性があります。
購入してからスカート丈が短いことに気づくと、再び買い直さなければいけないので無駄な出費が発生します。
必ず、購入する前にスカート丈に問題がないかチェックしてください。

試着する際に、着心地なども確認しましょう。
結婚式と披露宴に参加する場合合は、長時間着用します。
着心地が悪いドレスでは、着ていることがストレスになるかもしれません。
納得できる着心地のドレスを見つけて、購入してください。
デザインもスカート丈も、着心地も満足できるドレスを見つけるまで時間が掛かる可能性があります。
早めに探しましょう。


この記事をシェアする