禁止されていることを知ろう

見落としがちな結婚式のタブー

>

どんな靴を履けば良いのか

ストッキングを着用すること

冬場は寒いので、防寒対策としてタイツを着用すると思います。
ですから、素足になることはないでしょう。
しかし夏の結婚式に参加する場合も、素足にならないようストッキングを着用してください。
暑いので、つい素足で参加してしまう人が見られます。
ですが足元も、露出対策のためにストッキングを着用しなければいけません。

夏は、薄いタイプのストッキングを選択してください。
そもそも会場は冷房が効いているので、真夏でも暑さを感じることはないでしょう。
ストッキングを着用していても、特に問題はありません。
コンビニでも、ストッキングは売っています。
遠くの結婚式に参加する際、ストッキングを忘れてしまった場合はコンビニで調達しましょう。

パンプスで参加しよう

普段履いている、スニーカーで結婚式に参加することはしないでください。
ドレスに合わせて、パンプスを履いてください。
ヒールの高い靴が苦手だという人がいるでしょう。
それなら、ヒールが低いパンプスでも構いません。
きちんとした靴であれば、結婚式に履いていけます。
色も気をつけて、購入しましょう。

ドレスに合わせるのは良いですが、シルバーやゴールドは派手に見られるので避けてください。
どんなドレスにでも合わせられるよう、ベージュを選択する人が増えています。
素足になじむ色なので、足長効果も期待できます。
足元だったら、黒でも良いでしょう。
黒も、どんなドレスでも合わせられるのでおすすめです。
歩きやすい靴を購入してください。


この記事をシェアする